ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 東日本大震災、熊本、大分の復興を応援する企業マルシェを開催
ここから本文です。

NECネッツエスアイ、東日本大震災、熊本、大分の復興を応援する企業マルシェを開催

2017年11月27日
NECネッツエスアイ株式会社

NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)は、12月14日(木)に、本社1階ロビーにて第14回 NECネッツエスアイ復興応援マルシェ~知る支援・続ける応援~(企業マルシェ、注1)を開催します。

NECネッツエスアイは、東日本大震災の被災地支援の一環として、震災の記憶を風化させず、今なお復興途上にある被災地を応援する取り組みとして、2012年3月から企業マルシェを開催しています。前回(2016年12月開催)は、東北(岩手県・宮城県・福島県)の物産に加えて熊本地震の復興支援として熊本県の特産品を販売し、2,500名の方にご来場いただきました。

今回から、東日本大震災に加え熊本地震等の大規模な自然災害からの復興を応援するイベントとして、岩手県・宮城県・福島県、さらに熊本県・大分県の特産品の販売を行います。

大分県特産のかぼすのジュースや、樹齢400年を超える桜の花弁から採取した酵母で作った福島県三春町の日本酒など、その地域ならではの特産品を販売します。また、復興の現状や各県の魅力を紹介するコーナーも用意し、物産の購入だけでなく被災地の今を知ることができる場となっています。

会場は、当社従業員だけでなく地域にお住いの方、ビルの入居企業の方など、どなたでも入場できるよう本社ビル1階ロビーにて開催します。

なお、九州北部豪雨やその後の台風で被害を受けた大分県の復興支援のため、会場に募金箱を設置します。募金にご協力いただいた先着200名の方には、NECネッツエスアイグループ 田んぼ作りプロジェクト(注2)で収穫したお米で作った切り餅をプレゼントします。

第14回 NECネッツエスアイ 復興応援マルシェの概要

日時:2017年12月14日(木)11:00~19:00
場所:NECネッツエスアイ 本社ビル 1階ロビー
  (文京区後楽2-6-1 飯田橋ファーストタワー)
   会場へのアクセス http://www.nesic.co.jp/corporate/map.html
主催:NECネッツエスアイ株式会社
共催:住友不動産株式会社、住友不動産ベルサール株式会社
後援:文京区、東京ボランティア・市民活動センター、文京区社会福祉協議会、千代田区社会福祉協議会、
   文京区後楽町会、NECネッツエスアイ労働組合
協力:岩手県東京事務所、宮城県東京事務所、福島県東京事務所、熊本県東京事務所、
   大分県東京事務所、東洋大学
出店団体:いわて銀河プラザ、Aid TAKATA、大槌復興刺し子プロジェクト*、陸前高田ふれあい市場、
   千代田区社会福祉協議会、SAVE IWATE、宮城ふるさとプラザ、山元タイム、南三陸町観光協会、
   希望の環*、日本橋ふくしま館、大和川酒造店、松葉屋農園グループ、三春町*、クロナチュール、
   松合食品、坐来大分*(*は新店舗)
地域連携:小石川郵便局(年賀状販売、ゆうパック取扱)

以上

注1:企業による農産品などの展示販売(マルシェはフランス語で「市場」)。NECネッツエスアイでのこれまでの開催実績は、こちらをご覧ください。
http://www.nesic.co.jp/csr/contribute-restoration.html#Col1

注2:NECネッツエスアイグループ 田んぼ作りプロジェクトの詳細は、こちらをご覧下さい。
http://www.nesic.co.jp/csr/environment-enlightenment.html

本件に関するお客様からの問い合わせ先

CSRコミュニケーション部 CSR企画・社会貢献グループ
TEL:(03)6699-7004
E-mail: csr-sk@dm.nesic.com

明日のコミュニケーションをデザインする

NECネッツエスアイは、
お客様の目線に立ったこれからのコミュニケーションをデザインすることで、
お客様の価値向上に取り組んでまいります。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る