ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. CSR(企業の社会的責任)
  3. コンプライアンス/リスクマネジメント
  4. コンプライアンス
ここから本文です。

コンプライアンスの取り組み

English

基本的な考え方

 当社および当社グループでは、コンプライアンスを法令遵守だけでなく、社会通念や一般常識まで含めた広い概念で捉えています。従業員一人ひとりが高い倫理観を持って社会的責任を果たすことにより、健全な企業として社会からの評価・信頼を確保し、当社および当社グループ全体の企業価値の向上を図ることが重要であると考えています。この様な考え方に基づき、『コンプライアンスを“醸成”段階から“文化レベル”段階に』を目標に据え、コンプライアンス推進に取り組んでいます。

企業行動憲章

 当社および当社グループは、関係法令の遵守のみならず、良き企業市民として社会的責任を果たし、すべてのステークホルダーの皆さまから信頼を得て、企業価値を高めることが必要と認識しています。 そこで、企業として重視すべき価値観を「NECネッツエスアイグループ企業行動憲章」として明確にしています。

行動規範

 主に法令遵守と企業倫理の観点から、当社および当社グループすべての従業員が、社会人、企業人として当然知っておくべき事柄、日ごろから心掛けておくべき事柄、あるべき姿を具体的に「NECネッツエスアイグループ行動規範」として定めています。

推進施策

 当社および当社グループにおけるコンプライアンス意識の浸透、醸成のための施策について、いくつか紹介しています。

コンプライアンスの周知

教育

 当社および当社グループでは、役員・従業員を対象としたコンプライアンスWeb研修を半期ごとに実施しています。また、当社および当社グループの業務遂行に関わる各種法令について、その理解と違反防止のためにWeb研修を行っています。
 【2017年度実施教育例】
  ・コンプライアンスWeb研修(上期/下期)
  ・競争法教育
  ・贈収賄防止教育
  ・貿易管理教育
  ・インサイダー取引防止教育 他

 日本電気株式会社が毎年開催している「NECビジネスエシックス」に、当社および当社グループのマネジメント層が参加しています。またこの内容を基に当社および当社グループの各職場で懇談会を開催し、従業員同士がコンプライアンスについて討議し、倫理観を醸成しています。

ケースシート

 当社では、日頃より従業員への企業倫理の浸透、徹底を図るため、身近な事例をもとに企業倫理について考える 「ケースシート」を配信し、“気づき”を図っています。

行動規範ケースシート

コンプライアンス意識調査

 当社および当社グループの役員・従業員に対し、コンプライアンス意識の浸透度や組織のコンプライアンス文化の醸成レベルを評価するために、コンプライアンス意識調査を実施しています。
 この調査の結果を当社および当社グループの職場単位にフィードバックし、コンプライアンス意識の向上に関する施策の立案、実施に役立てています。

グローバルビジネスへの対応

 海外におけるコンプライアンスの徹底がこれまで以上に求められていることから、国内で実施しているコンプライアンスに関する研修を、当社の海外子会社向けに翻訳し、実施しています。
 海外子会社においてコンプライアンス違反、その他事件事故が発生した場合、当社のグローバル事業本部に速やかに連絡がなされる様、エスカレーションルートを設定しています。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る