Breadcrumb navigation

キーテレフォン UNIVERGE Aspire WX

キーテレフォン UNIVERGE Aspire WXをご紹介します。

概要

2008年の「Aspire X」リリースから全世界にシリーズ累計50万システムを出荷し、今なお多くのオフィスに導入され続けているオフィス電話の定番ブランド。
その最新機種である「UNIVERGE Aspire WX」は、豊富な導入実績に裏打ちされた確かな技術で、これまでの音声コミュニケーションにとどまらない、オフィスコミュニケーションゲートウェイとして進化しました。

特長

1.豊富な導入実績

2008年の「Aspire X」リリースから全世界にシリーズ累計50万システムを出荷し、今なお多くのオフィスに導入され続けているオフィス電話の定番ブランド。

2.安心の品質・安定稼働

豊富な導入実績に裏打ちされた確かな技術で、安定したシステム稼働を実現。

3.導入後も継続的なバージョンアップ

トレンドに合わせた機能強化を継続的に実施。導入後もファームウェアのバージョンアップが可能で、時代に合わせた働き方を柔軟にサポート。

4.電話の枠を超えたコミュニケーション体験

ビジネスフォンの枠を超え、チャットやWeb会議といったコミュニケーションツールから、UTM、ルータといったネットワークまでトータル提案。

主な機能

1. 効率的な音声ネットワーク

拠点間を内線でつなぎたい。IP電話サービスを利用したい。このような要望にUNIVERGE Aspire WXは柔軟に対応します。さらに、UNIVERGE製品群との連携によって、スマートな働き方を実現するトータルネットワークを構築できます。

IPトランク(SIP/H.323)接続

AXリンク

2. スマートフォンやPHSの内線化

ビジネスに不可欠なモバイルコミュニケーション。スマートフォンやPHSを内線として利用することができます。内線番号だけで連絡が取りあえるので、スムーズなコミュニケーションが可能です。Aspire WXなら、モバイル端末の内線化も複数の方法をご用意。運用に合わせた最適なものを選択いただけます。

スマートフォン内線アプリ UNIVERGE ST500

PHS端末 Carrity-NW

システム構成例

UNIVERGE Aspire WX のシステム構成例です。

仕様

項目
基本
モジュール
基本モジュール +
拡張モジュール
19インチ
モジュール
交換方式 通話路方式 PCM時分割一段スイッチ方式
制御方式 蓄積プログラミング制御方式
プロセッサ 32bitマイクロプロセッサ
中継方式 中継台方式(DSSコンソール)、分散応答、追加ダイヤルイン方式、直結式応答方式、NTTダイヤルイン方式、個別着信方式
配線方式 DT500シリーズ:2芯 スター接続
DT800シリーズ:LAN接続
使用電源   AC100±10V(50/60Hz)
使用電源数 1
消費電力 待機時 98W 125W
最大 130W 170W
内線呼量 6.0HCS/内線
選択信号種別 DP(10pps、20pps)、PB
使用周囲温度/湿度 0~40℃/10~90%RH(但し結露なきこと)
外形寸法(主装置)W×D×H[mm] *1 369×116×215 369×116×430 430×409×88
重量(主装置)[kg]*2 約2.3 約3.7 約6.6
主装置外装色 カラー名称:ライトミストホワイト
技術基準等適合認定番号 ACDE18-0088001 ACDE18-0099001

※ システム構成により、必要なモジュールの数量が変化します。
※ 使用電源、消費電力は、モジュールの数量により変化します。
*1 主装置床置金具、壁掛け用金具、ユニットは含みません。設置寸法ではありません。
  設置方法および環境により設置寸法は変化します。
*2 ユニットは含みません。

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

DXソリューション事業本部
DXソリューションビジネス開発本部