Breadcrumb navigation

不審者事前検知システム DEFENDER-X

不審者事前検知システム DEFENDER-X

概要

利用イメージ

群衆に紛れていても、変装していても、行動を装っても、顔が映らなくてもさまざまな状況で検知可能です。

特長

監視カメラ映像で不審者を事前検知可能

 不特定多数から不審者を検知することや、被撮影者側に悟られることなく、不審者検知を行うことが可能です。

照合データベースが不要

 データベースとの照合は必要ない為、初回来訪者や一時来訪者でも分析可能です。

既存の監視カメラシステムへの付加が容易

 既設カメラの流用や、既設システムから映像を解析することで、大規模な改修を行うことなく導入可能です。

過去の録画映像からも不審者を検知

 過去の録画映像を検証することで不審者を特定可能です。

活用事例

ソチオリンピック入場ゲート

デパート店内

社員通用口

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

社会・環境ソリューション事業本部
社会・環境ソリューションビジネス開発本部
TEL:03-5446-9180/FAX:03-5446-9291