ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. セキュリティ
  4. サイバーセキュリティへの取り組み
ここから本文です。

サイバーセキュリティへの取り組み

情報セキュリティ 10大脅威 2018

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が発表した最新の「情報セキュリティ10大脅威2018」では、昨年度に引き続き、1位は標的型攻撃メール等に代表される「標的型攻撃による情報流出」、2位は「ランサムウェアによる被害」となっており、組織にとっては継続して大きな脅威となっています。
また、「セキュリティ人材の不足」が新たな脅威として5位にランクインしています。

情報セキュリティ 10大脅威

NECネッツエスアイのサイバーセキュリティ対策ソリューション

サイバー攻撃から情報資産を守る

クラウドの利用増加で、お客様拠点からインターネットへの直接通信が増加しています。
従来の入口・出口対策を中心にした対策に加え、クラウド利用を意識した対策で、お客様の情報資産を守るセキュリティ対策をご支援します。

サイバーセキュリティ対策ソリューション

攻撃の流れと多層防御の考え方

ソリューションイメージ

クラウドセキュリティ

当社データセンターからのサービス提供を軸にサイバー攻撃からお客様の情報資産を守る

NECネッツエスアイのデータセンターから提供するクラウドサービスを活用することで、機器導入などの初期コストを抑えた形でのセキュリティ対策を実現できます。また、必要に応じて様々なサービスを組み合わせ、堅牢性と費用対効果の高いクラウドを活用したセキュリティ対策をご提供します。

クラウドセキュリティ概要

サービスラインナップ

サービスラインナップ

ソリューションラインナップ

ソリューションラインナップ

ネットワークセキュリティ

多層防御により標的型攻撃、ランサムウェア、DDoS攻撃などからの対策ソリューションをご提供

標的型攻撃などに代表されるサイバー攻撃の手口はますます巧妙化しており、従来のセキュリティ対策では被害を防ぐことが難しくなっています。NECネッツエスアイでは、入口・出口・内部対策などの組み合わせによる多層防御によりサイバー攻撃からお客様の情報資産を守るソリューションをご提供します。

ネットワークセキュリティ概要

ソリューションラインナップ

ソリューションラインナップ

クライアントセキュリティ

利便性、生産性を低下させることなく、使い慣れた環境で情報漏洩リスクを最小限に

サービスやシステムを停止させるようなものが主流だった数年前のサイバー攻撃に対し、昨今は標的型攻撃に代表されるように端末に入っている個人情報や金銭に結びつくような「情報資産」を狙う手口が増えています。また、インターネットを経由しないウィルス感染なども増えており、外部ネットワークとの境界でのセキュリティ対策に加え、クライアント端末としてのセキュリティ対策の重要度も高まっています。

ソリューションイメージ

ソリューションイメージ

工場向けセキュリティ

止まらない、つながる次世代ネットワーク

「生産を止めない」「柔軟な運用管理」「安全性」「高速化」「無線化」など従来の工場の考え方が、「自律制御」「自動化」「最適化」などによるつながる工場に移り変わっています。

工場向けセキュリティ

ソリューションラインナップ

ソリューションラインナップ

  • 記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る