ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 会社概要
  4. NECネッツエスアイグループのSDGsへの取り組み
ここから本文です。

NECネッツエスアイグループのSDGsへの取り組み

ジャパンマークSDGs


当社グループのSDGsに対する取り組みは、外務省ホームページにてSDGsに取り組む企業の一例として紹介されています。

SDGsに対する当社グループの考え方

 世界各地で気候変動、デジタルデバイド、サイバー犯罪、労働人口の減少といったさまざまな社会課題が深刻化しています。
NECネッツエスアイグループは、安心・安全な社会インフラの構築、働き方改革の促進、グローバルなICT活用の普及、そしてコミュニケーションによるパートナーシップの促進など本業を通じて多くの社会課題解決に貢献してきました。
 当社グループが目指しているのは、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現です。このことは全社員の共通した想いとして「NECネッツエスアイグループ宣言」として明文化しています。これは2015年に国連で採択されたSDGsが目指す「誰一人取り残さない」世界の実現と同じ方向です。
今後も、当社が大切にしている変革の精神のもと、社内外とのパートナーシップをベースにコミュニケーションの進化を促し、SDGsの目標達成を実現する事業活動に挑み続けます。

NECネッツエスアイのマテリアリティ

 当社では2019年5月に新たな中期経営計画となる「Beyond Borders 2021」を発表し、それにあわせマテリアリティを再特定しました。SDGsが目指す世界の実現のために、当社がコミュニケーションで社会へ価値提供する最重要テーマを掲げています。 

マテリアリティの詳細はこちら

SDGsと当社グループの活動

 当社グループは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を中核とした事業活動により、当社グループの事業活動全般に関わるSDGs目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」を中心に、目標8「働きがいも経済成長も」、目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」等の実現に取り組みます。
また、事業を支える基盤となる、CSRに関連した諸活動を展開し、目標3「すべての人に健康と福祉を」、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」、目標12「つくる責任つかう責任」、目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標16「平和と公正をすべての人に」等の目標達成につながる取り組みも進めていきます。
こうした取り組みにあたっては、多様なステークホルダーとの協力・協業・共創が欠かせないため、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」をベースとして取り組みを進めていきます。

SDGs達成への貢献:事業活動

働き方改革を通じた企業価値創造

8 働きがいも 経済成長も

2007年からICTとオフィスの什器やオフィス空間設計などのファシリティ施工力を組み合わせたEmpoweredOfficeを提唱し、最近ではさらに、AI、IoT、ビジュアルコミュニケーションなどの最新技術を活用し、距離と時間の制限を超えた働き方に取り組んでいます。自ら働き方改革を実践し続けるとともに、その過程で蓄積してきたノウハウも活かしてお客さまにソリューション・サービスとして提供しています。

SDGsターゲット3,5,9,13,17

現地企業との合弁会社を中心としたミャンマー市場における事業展開

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

ミャンマーでは、携帯基地局の設置をはじめとした通信インフラを中心に、非電化地帯での太陽光発電所建設など、各種のICTインフラ事業を展開しています。2015年にタイ子会社の支店開設により本格参入、2016年には現地企業2社との合弁会社「iSGM社」を設立しました。現地企業と連携し地域に根付いた事業展開を図ることで、優秀な人材の確保や現地での機器調達をはじめとした事業基盤の構築を早期に実現でき、その結果として想定を上回る事業成長が実現しております。従業員の数もスタート時点の40名から2018年3月末で200名以上と急拡大しており、現地での雇用創出や人材育成にも貢献しています。今後はソフトウェアのオフショア開発などさらに現地合弁会社の活用を進めていきます。

SDGsターゲット1,4,5,7,8,10,11,16,17

CVCを通じた新技術の導入促進

17 パートナーシップで目標を達成しよう

スタートアップ企業とのオープンイノベーション促進のために、2018年1月にCVCを設立しました。シェアドエコノミーの考えを取り入れた次世代サポートサービスを行うBoomtown社、ホテルや医療機関などで活躍する自動搬送ロボットを提供するSavioke社、セキュリティの高い電子スタンプを扱うインターメディア研究所などに出資を行うとともに、これらの最先端技術を当社のSI力や全国営業・サービス体制を使って、使いやすい形でお客さまにご提供していきます。

SDGsターゲット8,9

予防接種実施判定支援システムによる安心なまちづくりへの貢献

SDGsターゲット11

兵庫県丹波市において、行政や市内の医療機関をネットワークで結び、ICTを活用して接種履歴などの一元管理を可能にする予防接種実施判定支援システムを納入しました。乳幼児期の予防接種は、接種ミスや漏れを起こしやすいことが課題となっていますが、本システムにより、ワクチンの種類や間隔に誤りがないかを自動判定することができ、予防接種の安全性を高めることができます。また、行政の作業の軽減や、乳幼児の保護者への事前告知で接種忘れを防ぐなど、行政・医療機関・市民それぞれにとって利便性の高いシステムとして評価いただいています。

SDGsターゲット3,17

詳細はこちら(予防接種実施判定支援システム紹介ページ)

陸上養殖事業による海洋環境保全・食料問題等への貢献

当社は、初の試みとして陸上養殖事業に参入し、その第一弾としてICT・デジタル技術を活用することにより安心・安全で高品質なサーモンの生産を行う「NESIC陸上養殖 富士・桂川ファクトリー」を山梨県南都留郡西桂町に建設、2022年にサーモンを初出荷する予定です。また、陸上養殖を核とした地域産業振興や雇用機会拡大へ向けて山梨県、西桂町、富士ピュア株式会社と地域活性化協定を締結し、同ファクトリーで生産したサーモンを全国に広めることで富士・桂川地域のイメージ向上と経済活性化を目指します。
サーモンは、日本の水産市場において人気の高い魚種ではあるものの、国内消費における国産品は1/3程度で、その供給は輸入に大きく依存しています。
富士・桂川ファクトリーでは、AIを活用した魚の体長・体重測定自動化など工業的な生産プロセスによるコスト低減や年間を通じた安定的な供給、ICT・デジタル技術を活用したトレーサビリティの実現による品質確保、遠隔での監視・制御による管理負荷の軽減など、デジタルトランスフォーメーションによる水産養殖業の高度化を実現します。

SDGsターゲット11,14,8,9,12,17

詳細はこちら(当社プレスリリース)

東京都武蔵野市「エネルギー地産地消プロジェクト」を通じた
すべての人が環境に配慮して住み続けられるまちづくりへの貢献

SDGsターゲット7

当社は、東京都武蔵野市にある武蔵野クリーンセンター周辺における蓄電システムと総合エネルギーマネジメント等業務を同市より受注し、NECとともに環境エネルギー技術の開発・導入を通じて、武蔵野市エネルギー地産地消プロジェクトを支援します。
同市では、地球温暖化の要因であるCO2の削減に向けて、ごみ発電で発電した電力を周辺施設で利用することでエネルギーの地産地消に取り組んでいます。武蔵野クリーンセンター周辺に蓄電システムを構築し、蓄電により発電した電力の利用拡大を進めるとともに、蓄電池を制御するCEMS(Community Energy Management System)および総合体育館に導入するBEMS(Building Energy Management System)を通じて、発電量の最適化や周辺施設の省エネを図ります。さらに、蓄電池を分散設置することにより、災害時などに停電が発生した際は蓄電システムの電力を公共施設で利用することが可能となり、災害に強いまちづくりにも貢献します。

SDGsターゲット9,11,12,13,17

詳細はこちら(当社プレスリリース)

  

社会における当社事業とSDGsの関わりの全体像は下記をご覧ください。

社会における当社事業とSDGsの関わり

SDGs達成への貢献:事業を支える活動(CSR活動)

当社グループの成長と事業活動を支えるCSR関連の活動と、SDGsの各目標との関係は以下の通りです。


1 貧困をなくそう

・社会貢献
(文京区主催の子ども食堂への協力)

3 すべての人に健康と福祉を

・人材育成/働きやすい職場づくり
ワーク・ライフ・バランス健康経営
・環境への取り組み
(産業廃棄物および化学物質の管理)
・社会貢献
国際協力活動への貢献:エコキャップ、使用済み切手の収集

4 質の高い教育をみんなに

・人権尊重
人権に関する教育
・人材育成/働きやすい職場づくり
各種技術教育等
・社会貢献
次世代育成支援:南極くらぶ等

5 ジェンダー平等を実現しよう

・人材育成/働きやすい職場づくり
ダイバーシティ・マネジメントの推進

6 安全な水とトイレを世界中に

・環境への取り組み
(産業廃棄物および化学物質の管理)
生物多様性保全:田んぼづくりプロジェクト
・社会貢献
(各地域拠点による川や海岸の清掃活動)

8 働きがいも 経済成長も

人権尊重
・人材育成/働きやすい職場づくり
ダイバーシティ・マネジメントの推進ワーク・ライフ・バランス
・安全品質への取り組み
労働安全衛生の確保

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

・安全品質への取り組み
高品質な施工、サービス・製品の提供
・人材育成/働きやすい職場づくり
各種技術教育等

11 住み続けられるまちづくりを

・安全品質への取り組み
高品質な施工、サービス・製品の提供
・環境への取り組み
(産業廃棄物および化学物質の管理)
・社会貢献
(各地域拠点による清掃活動)

12 つくる責任 つかう責任

・安全品質への取り組み
高品質な施工、サービス・製品の提供
・調達活動
サプライチェーン全体でのCSRへの取り組み
・環境への取り組み
資源有効活用等
・情報開示
CSRに関する年次報告書等

13 気候変動に具体的な対策を

・環境への取り組み
環境活動全般)※環境報告書(PDF:4.09MB)が開きます

14 海の豊かさを守ろう

・社会貢献
(各地域拠点による海岸の清掃活動)

15 陸の豊かさも守ろう

・環境への取り組み
生物多様性保全:田んぼづくりプロジェクト
・社会貢献
(植林活動への協力:各地域拠点による清掃活動、余剰カレンダー収集

17 パートナーシップで目標を達成しよう

CSRに関する全ての領域においてパートナーシップをベースに、取り組みを進めています。

     

SDGsへの貢献に向けた社内外での活動

SDGsへの貢献を当社グループ一丸となって推し進めるため、社内外においてさまざまな推進活動に取り組んでいます。

SDGsへの貢献に向けた全社活動:ステークホルダーダイアログ・役員トレーニング

2019年のステークホルダー・ダイアログでは、国内外でさまざまな社会課題解決の現場に携われている東京都市大学教授の佐藤真久氏をお招きし、複雑な社会課題を動的に解決していく必要性や、SDGsを包括的に達成していくための当社の役割について、当社社長や関係役員との議論を行いました。またそれに続く役員トレーニングでは、同氏による日本の社会課題を考えるワークショップを行い、経営層全体で社会課題やそれを解決するために当社がすべきことについて理解を深めました。

ステークホルダー・ダイアログの様子

ステークホルダー・ダイアログの様子

役員トレーニングの様子

役員トレーニングの様子

ステークホルダー・エンゲージメント

SDGsへの貢献に向けた全社活動:社員への浸透活動

SDGsに関する勉強会の開催

社内勉強会(2017年6月、飯田橋本社)

 国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン事務局長大田圭介氏をお招きし、従業員向けに勉強会を開催しました。
SDGsに関する基礎知識の習得の他、自社で提供しているソリューションが社会にどのような影響をおよぼしているか、また社会課題とどのような関わりがあるかを参加者で話し合い、企業と社会との関わりについて学ぶとともに新しい気づきを得る有意義な勉強会となりました。

SDGsに関する勉強会の開催

SDGsに関する勉強会の開催

SDGsカードゲーム「2030 SDGs」を体験(2018年12月4日、 飯田橋本社)

 2030 SDGs公認ファシリテーターであるSocial Profit代表の森本菜都美氏をお招きし、SDGsのカードゲーム「2030 SDGs」を体験しました。カードゲームは、様々な価値観や異なる目標を持つ組織や人々が、SDGsの目標を達成していく過程を気軽に体験できるゲームであり、SDGsの本質を理解するのに有効なツールです。参加者はみなゲームに熱中しながら、SDGsの目標を達成していくことの重要性や難しさなどを体験し、多くの気づきを得ることができました。

SDGsゲームの様子1

SDGsゲームの様子1

社内SDGsセミナー(2019年7月~10月、北海道支店・神奈川支店・中日本支社・西日本支社)
~「知る、体験する、創造する」活動できる人を増やす~

2019年3月に引き続き、各地域拠点の勤務者を対象にSDGsセミナーを開催しました。 はじめにSDGsカードゲームを活用して、楽しくシンプルにSDGsと持続可能な世界について理解し、次に実践事例として各開催地域で活躍している企業経営者をお招きしてSDGsや社会課題解決の取り組み事例を講演いただきました。 参加者はカードゲームを通じて、すべての事柄がつながり互いに何らの影響を与えていることや皆で目標達成することの大切さを学び、また他社事例を通じて多くの気づきを得ることができました。

社内SDGsセミナーの様子 神奈川支店で開催された社内SDGsセミナーの様子

社内SDGsセミナー 開催概要

場所 日時 参加人数
中日本支社 2019年7月26日 28名
神奈川支店 2019年9月3日 37名
北海道支店 2019年9月12日 32名
西日本支社 2019年10月10日 29名

SDGsに関する講演会の開催

毎年定期的に開催している、CS講演会(従業員のCS意識と顧客志向向上のために実施している外部講師によるセミナー)において、2018年は「SDGsの視点から考える提案力強化」について上述の笹谷氏にご講演をいただきました。全国拠点を含む多くの従業員が聴講し、全社レベルでのSDGsへの理解深耕を図っています。

社会課題解決へ向けた人材育成:地域課題解決に貢献する新価値創造プロセス検討研修

企業として社会との接点を広げ、戦略的パートナーとしてお客さまの課題解決に貢献できる人材を育成することを目的に「地域課題解決に貢献する新価値創造プロセス検討研修」を2017年より実施しています。
震災で大きな被害を受け、ゼロベースで「自立したまちづくり」を目指す宮城県南三陸町をフィールドとして、同町の起業家や自治体関係者の方々との対話、地域の特性を活かした漁業、林業、エネルギー産業の現場視察を行います。ビジョン作りから実践のプロセスの中で当社がどのような役割、貢献を果たせるかグループワークを行い、最後に各グループで検討した新事業創出案の発表を行っています。
研修参加者は、現場の生の声を聞くことで概念的ではなく、より具体的な課題の抽出、お客さまの背景を見据えた価値創造を行うことができた、異なる組織に属するメンバーとのグループディスカッションにより多種多様なアイディアが出てきたなど、多くの気づきを得て、事業へ活かしていこうとしています。現地コーディネータからは、目指すべき成果、地域課題解決に向けた議論が年々洗練されてきていると高評価をいただいています。

林業経営者より課題を聞く様子

林業経営者より課題を聞く様子

新事業創出案グループ発表の様子

新事業創出案グループ発表の様子
実施日 参加人数 研修テーマ
2019年11月6日~8日 17名 国土2/3を占める森林資源の活用 林業の上流、中流、下流の地元関係者から話を伺い、プロセスを学び林業の課題を深掘りする。
2018年7月11日~13日 21名 南三陸町の資源である森と海の循環型まちづくり、住む人関わる人がつなぐ(人を呼び込む)自立したまちづくりをテーマに関係者から話を伺い、課題を深掘り堀する。
2017年7月12日~14日 21名 南三陸町バイオマス産業都市構想にかかわる漁業、林業、エネルギー産業の関係者から話を伺い、課題を深掘りする。

グループ会社のSDGsへの取り組み

トピックス

SDGs 4,8

キューアンドエー 就労移行支援事業所で障がい者向けビジネスマナー研修を初開催(2020年2月3日、2月17日)
キューアンドエーは、企業での就労を希望する障がいのある人へ就職に役立つ知識や能力を身につけるサポートなどを提供する株式会社チャレジョブの活動に賛同し、2020年2月3日と2月17日に電話応対マナー研修の講師を務めました。
キューアンドエーは、これまで学生向けにビジネスマナー研修を実施してきましたが、障がいのある人へ向けた研修としては初となります。同社は他にも、障がい者雇用を促進することを目的に2011年に開設した鴻巣オペレーションセンターのオフィスを、働き方改革推進の一環として従業員が安心して末永く働ける環境を整えるため移転・リニューアルするなど、障がいのある人へのサポートに積極的に取り組んでいます。

学生向けマナー研修の様子 学生向けマナー研修の様子

キューアンドエー株式会社 プレスリリース [new window]


ニチワ SDGsカードゲーム「2030 SDGs」を実施(2019年12月20日)
2030 SDGs公認ファシリテーターであるSocial Profit代表の森本菜都美氏をお招きし、SDGsのカードゲーム「2030 SDGs」をニチワで開催しました。
経営幹部をはじめ、営業職、技術職、スタッフなど54名が参加し、カードゲームやグループ討議を通じて、自分たちの仕事が世の中にどのような影響を与えているのか、すべての事柄がつながり互いに何らかの影響を与えていること、企業を越えたパートナーシップで目標達成することの大切さを学び、多くの気づきを得ました。

SDGsカードゲームの様子

SDGsカードゲームの様子

NECネッツエスアイグループの取り組みを共有

NECネッツエスアイグループの取り組みを共有

株式会社ニチワ [new window]

SDGs 11


キューアンドエーの児童被害防止活動「サイバーパトロール隊」が宮城県警察より4年連続で感謝状を授与(2019年12月17日)
キューアンドエーは2016年6月より、宮城県警察から民間企業として初めてサイバーパトロール活動を委嘱され、インターネット内の情報のチェックや、SNSやブログなどの書き込み内容、インターネット・オークションや個人売買のホームページに掲載された違法・有害情報を宮城県警察へ通報する活動を行っています。同年8月からは、児童被害が特に多いサイト・アプリを中心にサイバーパトロールを集中的に実施し、有害・違法情報の削除要請を行いました。2019年は前年の1.5倍となる304件の通報をしており、これらの活動で被害から児童を守る取り組みが評価されました。

「サイバーパトロール隊」感謝状贈呈式の様子 サイバーパトロール隊 感謝状贈呈式の様子

キューアンドエー株式会社 プレスリリース

「サイバーパトロール隊」が宮城県警察より感謝状を授与 [new window]

ネット社会の防犯に取り組む「サイバーパトロール隊」始動 [new window]

SDGs 10,11


キューアンドエーとランゲージワン 緊急災害多言語通訳サービスを無償提供(2019年10月12日)
キューアンドエーとグループ会社であるランゲージワンは、令和元年台風第19号の影響で被害を受ける地域の自治体ならびに公共施設等への緊急災害支援として、専用電話および専用メールによる24時間対応の12か国語に対応した多言語対応通訳サービスを無償提供しました。従来から多言語対応コンタクトセンターサービス事業を展開しており、消防・救急といった緊急性の高い分野をはじめ自治体や交通、グローバルITヘルプデスクなどで幅広く活用されています。内容に応じた研修や専門分野のトレーニングを行っており専門知識や業種特有の応対マナーについての理解を深め、質の高いサービスを提供しています。

キューアンドエー株式会社 プレスリリース [new window]

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る