ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 製品一覧
  4. 児童の気持ちを見える化 FEELBOT(フィールボット)
ここから本文です。

児童の気持ちを見える化 FEELBOT(フィールボット)

概要

FEELBOTは児童の心理状態を見える化することができる教職員のためのICT支援ツールです。
※FEELBOTは、D2EMOTION株式会社の製品です。

特長

【自己認知】自分の「心の表情」「心の色」「幸せ点数」を入力します。
【他者認知】その日の出来事をふりかえりながら友達に「ハート」を送ります。
【直接相談】先生に直接「メッセージ」を送ることができます。

【ソシオグラム】児童の送った「ハート」により関心度合いや交友関係を把握します。
【個人チャート】日々の児童の気持ちの変化を視覚的に表示することができます。

導入効果

NECネッツエスアイでは、2017年12月より下記の2校においてFEELBOTの実証実験を実施しております。

スマートデバイスを活用した感情ケア・ソリューション「FEELBOT」を利用して学級の指導を支援する実証実験を徳島県上板町立高志小学校で実施
[new window]

スマートデバイスを活用した感情ケア・ソリューション「FEELBOT」を利用して学級の指導を支援する実証実験を武蔵村山市立小中一貫校村山学園で実施
[new window]

  • 子どもの感情の数値化等により、学級担任以外の教員が、児童理解を深める窓口を見つけることができる。
  • 子どもの心理状態に対応した声かけ、生徒指導をする貴重な情報源になっている。
  • 子どもとの教育相談、日記の内容等とFEELBOTデータを重ね合わせ、子どもが「何に対して幸せを感じ」、
    「何に対してストレスを感じているか」を少しずつ把握できるようになっている。
  • 特別な配慮が必要な子どもだけでなく全ての子どもを対象に、子どもを中心にしたコミュニケションが
    教職員間で行われるようになっている。(風通しのいい職員室)
  • 管理職と他の教職員のコミュニケーションが活性化している。
  • 学級の成熟度をプラス評価できるツールになっている。
  • 学校行事、総合的な学習の時間等の特色ある教育活動実施後の評価ツールになっている。
  • 学校におけるタブレットPC活用が教職員・子どもにとって身近になり、授業の中で積極的に利用されている。
  • 行事での班やグループ決めが難航した際、FEELBOTの席替え機能を使いスムーズに子どもの理解を得られた。

実証研究報告動画(概要)

実証研究報告動画(高志小学校)

実証研究報告動画(村山学園)

※FEELBOTは、D2EMOTION CO.,LTD.の登録商標です。
※記載されている会社名、サービス名、商品名などは、各社の商標または登録商標です。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る