2019年4月

第60次隊 内海氏からの現地レポート

Report:Yusuke Utsumi

場所:昭和基地

第60次隊の内海 雄介氏が、昭和基地から現地の様子をレポートしてくれました。

内海氏レポート

 

こんにちは。今回は越冬期間の様子を紹介します。


♦ スノーモービル、雪上車操縦訓練

越冬が始まってから2ヶ月が経ち、隊員たちも基地での生活に慣れてきました。
南極地域観測隊では越冬期間中も多くの活動を行う為、各種訓練を怠りません。
今月は雪上車の操縦やスノーモービルの運転などを訓練しました。国内で免許を取得していても、 ペーパードライバーでは命の危険に晒されますので、安全な場所で慣れるまで操縦します。


スノーモービルの訓練をする隊員_1

スノーモービルの訓練をする隊員_2

雪上車の運転訓練

このように訓練を重ね、野外オペレーションへ参加します。

 

♦ 野外オペレーション

野外に出てまず初めに行うのは「ルート工作」といった作業です。 昭和基地は東オングル島という島にある為、南極大陸や露岩域の調査をするためには 海氷を渡らなければなりません。そのために安全な道(ルート)の確保をします。


ドリルで海氷に穴を開ける隊員

海氷上のクラック

 

ドリルで穴を開け、海氷の厚み測定しながら、安全なルートに旗を立てて進みます。 途中の危険なクラックなどにも目印をつけ、目的地を目指します。 ルートを完成させた後、改めて観測を行います。

厳しい自然環境ですが、互いに協力し合って遂行します。 次回も越冬生活についてレポートしたいと思います。