2010年10月

51次隊作業レポート(生活編)

E-mail:Kinjo Yoshinao

場所:昭和基地

昭和基地で多目的アンテナ保守として観測支援活動を行っている金城氏から、余暇の様子と南極の自然についてのレポートが届きました。沢山の写真と一緒にお届けします。

51次隊 金城氏からのメール

  1. 海洋生物サンプル採取

    写真だと釣りそのものですが…けっして釣りではなく、海洋生物のサンプルとなるものを採取しています。
    採取した後は、サンプルとしてそれが何を食べていたかの調査をしました。
    ちょっと可哀そう…。


海洋生物のサンプル採取中
  1. 年末・年始イベントの準備

    過去の隊員が残していったものもありますが、今回は自分たちで作成しようということで、除夜の鐘、カルタ、その他に新年の飾りを作りました。
    作ったカルタでカルタ大会を行いました。


飾り物作成中…坊主ばっかり

今、飾ってある手作りの干支。ちなみに今年の干支は虎とペンギン?

手作り51次隊員カルタ

カルタ大会
  1. 南極の自然

    3-1. 沈まない太陽

    南極の夏には白夜といって太陽が沈まない時期があります。写真はあと数日で久しぶりの日没を迎える1 月14 日に撮ったもので、太陽が水平線上を通っています。


    ラングホブデに差し掛かる太陽

    3-2. 地球影(ちきゅうえい)

    夕暮れ(ピンク)の下に違う色(青)が見えますが、これが地球の影です。初めて見た時は???という感じでした。


    地球影

    3-3. 南極の満月

    南極で見た満月です。日本で見る月と比べてみてください。ウサギさんが反転しています。
    南極にいるんだなぁ…と月を見ても感じます。


    南極の満月

南極の大自然、とても素敵な写真ですね!
このような大自然の中での年明けは、自分たちで手作りした正月飾りやカルタも手伝って、より感動的で楽しいものになったことでしょうね。

また新しいレポートが届いたらお伝えします。