2011年11月25日

第53次南極観測隊出発

reported by Natsuki Shirai
(NECネッツエスアイ)

場所:成田空港出発ロビー

出発ロビーで(1)
出発ロビーで(2)

11月25日、成田空港第二ターミナルにて南極地域観測隊の出発式が行われ、当社から国立極地研究所に出向している吉岡武志氏が参加しました。吉岡氏は第53次南極越冬隊の一員として、オーストラリアから南極観測船「しらせ」に乗船し、南極大陸を目指します。

吉岡武志氏プロフィール

静岡県出身。入社時に見たカレンダーに印象を受けたことがきっかけで、南極に特別な思いを抱くようになった。4年前に南極地域観測隊の社内公募を見て、参加を希望。2011年より7月より国立極地研究所に出向することになり、入社以来の想いを叶えた。
休日には野球を楽しむ阪神ファンで、大好物は卵かけご飯。面倒見がよく、責任感が強い。

53次隊 吉岡 武志 インタビュー

【インタビューを終えて】

出発ゲートへ向かう吉岡氏

南極へ行くという長年の夢が叶ったと目をキラキラさせて話す吉岡氏。インタビューから、彼の親しみやすく、温かい人柄が伝わってきました。出発ロビーには、吉岡氏を慕う沢山の人が見送りにきていて、一人ひとりと握手している姿が見られました。
出発時間が近づくと、暖かい声援を受けて、手を振ってゲートに向かって行きました。

明るく元気に、そして体に気をつけて頑張ってきてください!(「越冬隊の今」東京編集チーム)