ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. クラウド上で業務の見える化を実現するソリューション 「Wrike」の販売を開始
ここから本文です。

NECネッツエスアイ、クラウド上で業務の見える化を実現するソリューション Wrikeの販売を開始
~多様な働き方におけるマネジメント課題を解決~

2019年5月23日
NECネッツエスアイ株式会社

NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)は、プロジェクト状況をクラウド上で簡単に管理し、業務の見える化を実現する米国Wrike, Inc.(注1)のプロジェクト管理ツール「Wrike(ライク)」の販売を本日から開始します。

 各企業が様々な働き方改革を実践している中で、テレワークやサテライトオフィスの活用など、場所にとらわれない働き方が徐々に広まっています。今後そのような需要が高まる中、離れた場所で業務を行うメンバーの作業状況やプロジェクト進捗がタイムリーに把握できず、タスク漏れやスケジュール遅延リスクなどマネジメント面の課題を解決する必要があります。また、従来のスプレッドシートによる属人的な管理では、共有のフォルダへのアクセスや、更新毎に電話やメールで連絡するなどの手間がかかりました。

 Wrikeは、そのような課題を解決し、プロジェクト管理の効率化と業務の見える化を実現します。クラウド上でタスクを管理することで、更新情報や進捗状況などを、どこでもタイムリーにチーム全体で共有することができ、登録しているタスク情報やプロジェクトに費やした時間から、チームメンバーの稼働や輻輳状況を一目で確認できるため、リソース管理の最適化が可能です。また、他のクラウドサービスとの親和性が高く、共通ストレージ、SFA(注2)やCRMといった様々なクラウドサービスとWrikeとを連携させることができます。

 NECネッツエスアイは、2007年より働き方改革に取組みはじめ、本分野のパイオニアとしてペーパーレス化やテレワークなどを推進してきました。2018年からはAIやIoTなどのデジタルトランスフォーメーション (DX) 技術を活用した業務の効率化・生産性の向上に取り組んでいます。
 2019年度には、最先端の働き方・可能性へのチャレンジとして本社・スタッフ機能を複数のサテライトオフィスに分散し、さらなる働き方・業務プロセス改革を行っていく予定です。このマルチロケーションとなったオフィスでの業務管理のツールの一つとしてWrikeの利用も予定しています。

 NECネッツエスアイは、これまで培ってきた働き方改革・DXサービスの知見を元に、Wrikeを活用したプロジェクト管理の効率化だけではなく、業務の見える化を通じたお客様の業務プロセス変革サービスも展開します。
 NECネッツエスアイは、Wrike関連のソリューションで2021年度までに累計売上10億円を目指します。

特長

リアルタイムな作業管理

プロジェクトの進捗や各メンバーの作業状況について、Wrikeを見れば、一目でリアルタイムに確認が可能で、電話やメールでのやり取りを省略することができます。また、スマートデバイスで操作が可能なため、いつでもどこでもプロジェクト状況の更新や確認が可能です。

豊富なコラボレーション

様々なクラウドサービスとWrikeとを連携させることができます。例えば、SFAとWrikeとを連携させることで、お客様先との打ち合わせ内容や営業情報をその場で入力すると、複数の社内関連部門がWrike上でタイムリーにその情報を共有することができ、ビジネスのスピードを加速させます。加えて、オプションでWorkato(ワーカート 注3)と組み合わせることで、より多くのクラウドサービスとの連携も可能です。

直感的な操作性

管理方式は、新規/処理中/完了済などのステータスが一目でわかる「かんばん方式」と棒グラフによってタスクとその期限を表示できる「ガントチャート方式」を用途に合わせて使い分けることができ、様々な視点で業務の見える化を実現いたします。操作も簡単で、ドラッグ&ドロップなどの単純動作だけでステータスの変更を行うことができます。

【かんばん方式】

かんばん方式 イメージ

【ガントチャート方式】

ガントチャート方式 イメージ

豊富な機能

タスク管理・プロジェクト管理だけでなく、サブタスクの登録や、プロジェクト別またはチームメンバー別の作業時間・負荷状況やリソースの均等な割り当て管理など、人的リソースの最適な配置・管理にも貢献します。

参考価格

5 ID 年間 約20万円~(税抜)

以上

注1:WrikeおよびWrike,Inc.については、こちらをご覧ください。
注2:SFA(Sales Force Automation)
   営業支援システム
注3:Workatoについて

※ Wrikeは、Wrike,Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

「プロジェクト管理ツール Wrike 導入支援サービス」に関する情報

プロジェクト管理ツール Wrike 導入支援サービス

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

8 働きがいも経済成長も

8 働きがいも経済成長も

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

17 パートナーシップで目標を達成しよう

17 パートナーシップで目標を達成しよう

関連URL

NECネッツエスアイ SDGsへの取組み

国際連合広報センター [new window]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

デジタルソリューション事業本部
デジタルソリューション販売推進本部
電話:(03)6699-7503
E-Mail:wrike-support@ml.nesic.com

明日のコミュニケーションをデザインする

NECネッツエスアイは、 お客様の目線に立ったこれからのコミュニケーションをデザインすることで、 お客様の価値向上に取り組んでまいります。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る