ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. NECネッツエスアイグループ初の陸上養殖場を山梨県西桂町に建設
ここから本文です。

NECネッツエスアイグループ初の陸上養殖場を山梨県西桂町に建設
~山梨県、西桂町、富士ピュア、NESIC陸上養殖が地域活性化協定を締結~

2019年10月31日
NECネッツエスアイ株式会社
NESIC陸上養殖株式会社

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)とNESIC陸上養殖株式会社(本社:山梨県、代表取締役:新野哲二郎、以下 NESIC陸上養殖)は、このたび山梨県南都留郡西桂町に、NESIC陸上養殖 富士・桂川ファクトリーを建設することを決定しました。
 NESIC陸上養殖は、富士・桂川ファクトリーの建設を2020年6月に開始し、2022年にサーモンを初出荷することを計画しています。

 山梨県西桂町は、富士山北麓、桂川流域に位置し、富士山の伏流水による豊富な水資源に恵まれていること、中央自動車道とのアクセスも良く交通の利便性が高いこと、陸上養殖を核とした産業・地域振興に積極的に取り組む意向があることなどから、同地にNECネッツエスアイグループ初の陸上養殖場を建設することを決定しました。
 また、陸上養殖場の建設決定に合わせ、NESIC陸上養殖株式会社は、山梨県、西桂町、富士ピュア株式会社(本社:山梨県南都留郡西桂町、代表取締役:小林毅、以下 富士ピュア)と陸上養殖を核とした地域産業振興や雇用機会拡大に連携・協力して取り組むことを趣旨とする協定を締結します。富士・桂川ファクトリーで生産したサーモンを全国に広めることで、富士・桂川地域のイメージの向上と経済の活性化に貢献いたします。

 サーモンは、日本の水産市場において人気の高い魚種ではあるものの国内消費における国産品は1/3程度で、その供給は輸入に大きく依存しています。
 富士・桂川ファクトリーは、最新の陸上養殖技術とNECネッツエスアイのICT/デジタル技術を融合することにより、安心・安全で高品質なサーモンの生産を行います。AIを活用した魚の体長・体重測定自動化や水温・酸素量・給餌等の自動制御など、工業的な生産プロセスによるコスト低減や年間を通じた安定的な供給、ICT/デジタル技術を活用したトレーサビリティの実現による品質確保、遠隔での監視・制御による管理負荷の軽減など、デジタルトランスフォーメーションによる養殖水産業の高度化を実現します。これらを通じてNECネッツエスアイグループは、海洋環境の保全と食糧問題という世界的な社会課題の解決に貢献してまいります。

養殖デジタル化 イメージ

NECネッツエスアイは、パートナーとの『共創』と『デジタル技術』の活用で既存ICT領域から、バリューチェーンの対応領域を拡張することにより、新たなビジネスモデルへのイノベーションを目指しています。

以上

NESIC陸上養殖株式会社 概要

NESIC陸上養殖株式会社

・所在地:山梨県西桂町
・代表者:新野 哲二郎
・設立年月:2019年8月
・資本金:2.5億円
・事業内容:陸上養殖によるサーモンの生産

・URL:https://www.nesic.co.jp/nesicaa/index.html

NESIC陸上養殖 富士・桂川ファクトリー 概要

・建設予定地:西桂町倉見地区
・建屋:地上2階/地下1階、RC造
・導入設備:循環式陸上養殖システム
・生産量:サーモン 500t/年(フル生産時)
・スケジュール:
 -2020年6月着工
 -2021年9月竣工
 -2021年10月操業開始
 -2022年8月出荷開始

地域活性化協定 概要

山梨県、西桂町、富士ピュア、NESIC陸上養殖の四者で、以下の内容に基づいた協定を締結。
・締結日:2019年10月31日
・締結内容:
 -NESIC陸上養殖及び富士ピュアによる地域経済振興及び地域産業発展への寄与(含む地域内での雇用、地域内企業の活用等)
 -NESIC陸上養殖及び富士ピュアによる水資源保全と環境保全
 -県及び町による本陸上養殖事業への支援体制構築と最大限の協力

※ 記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

2 飢餓をゼロに

2 飢餓をゼロに

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

14 海の豊かさを守ろう

14 海の豊かさを守ろう

17 パートナーシップで目標を達成しよう

17 パートナーシップで目標を達成しよう

関連URL

NECネッツエスアイ SDGsへの取組み

国際連合広報センター [new window]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

ビジネスデザイン統括本部 新事業開発本部
インキュベーション推進室
電話:(03)6699-7040

明日のコミュニケーションをデザインする

NECネッツエスアイは、 お客様の目線に立ったこれからのコミュニケーションをデザインすることで、 お客様の価値向上に取り組んでまいります。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る