ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. NECネッツエスアイ、次世代型ビルオートメーションシステム「Butics-AX」の販売を開始
ここから本文です。

NECネッツエスアイ、次世代型ビルオートメーションシステム「Butics-AX」の販売を開始
~効率的なビル運営、快適なオフィス環境の構築を実現~

2020年8月31日
NECネッツエスアイ株式会社

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)は、スマートデバイスを活用したリモート監視と稼働状況の自動収集で、設備の総合的な監視制御を可能とする次世代型ビルオートメーションシステム「Butics-AX(ビューティクス エーエックス)」の販売を2020年8月から開始しました。

 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)の改正やサイバー攻撃の脅威など、ビルのシステム・設備を取り巻く環境は年々変化しています。加えて、国内における労働力不足と働き方改革の推進で、現場では、様々なシステム/ツールによる効率化が必要不可欠な状況です。
 NECネッツエスアイでは、ビルの省エネ対策、空調・照明等の監視・制御などを行うビルオートメーションシステムButicsシリーズを提供しており「Buitcs-AX」は、本シリーズの最新製品です。従来の中央監視機能に加え、スマートデバイスやIoTデバイスを活用した運用管理機能で施設管理業務の省力化を実現します。

Butics-AXの特長

 Butics-AXは、既存Buticsシリーズの優位点をそのまま継承し、スマートデバイスによるアクセス機能を加え、施設管理を省力化します。また、BACnet対応のオープンデバイスを収容可能なため、既存設備を活かしたシステム導入ができます。加えて、エネルギークラウド(BEMSクラウド)との連携も可能です。

Butics-AXの特長

Butics-AXの提供イメージ

Butics-AXの提供イメージ

 
 
 NECネッツエスアイは、安心・安全でより便利な社会を目指し、Buticsシリーズによるビルの管理・運用の効率化を推進するとともに、それらを活用したデジタルタウンの実現に寄与し、スマートビルディング事業を2025年までに100億円規模の事業体へ成長させることを目指します。

以上

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

11 住み続けられるまちづくりを

11 住み続けられるまちづくりを

関連URL

NECネッツエスアイ SDGsへの取組み

国際連合広報センター [new window]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

スマートインテグレーション事業部 スマートアメニティ部
TEL:(044) 738-3121
E-mail:products@dm.nesic.com

明日のコミュニケーションをデザインする

NECネッツエスアイは、 お客様の目線に立ったこれからのコミュニケーションをデザインすることで、 お客様の価値向上に取り組んでまいります。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る