ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 三井不動産とNECネッツエスアイ、ローカル5Gを用いた新たなオフィスビル活用について、日本初の共同実証実験実施に合意
ここから本文です。

三井不動産とNECネッツエスアイ、ローカル5Gを用いた
新たなオフィスビル活用について、日本初の共同実証実験実施に合意

2020年9月30日
三井不動産株式会社
NECネッツエスアイ株式会社

 三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田 正信、以下 三井不動産)とNECネッツエスアイ株式会社 (本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長 牛島 祐之、以下 NECネッツエスアイ)は、ローカル5Gを活用したスマートビルの実現や新たなワークスタイルのサービス提供を目指し、2020年9月に共同実証実験の実施に合意しました。実証実験は、2020年12月から2021年5月まで、日本橋室町三井タワー内の一部エリアで行う予定です。大規模オフィスビル内でのスタンドアローン方式のローカル5G(4.7GHz帯)を用いた実証実験は、日本初の取り組みとなります。

ローカル5Gは、5Gの特長である「高速・大容量、低遅延、多接続」に加え、自営網の特長である「性能カスタマイズの柔軟性、高セキュリティ、安定性」を兼ね備え、オフィスビル内の様々な用途に活用することが可能です。スマートビルにおける各種の通信ネットワーク最適化基盤を構築し、様々なワークスタイルにフレキシブルに対応できるネットワーク環境の実現が可能です。

ローカル5Gにより実現する新たなオフィスソリューション(イメージ) ローカル5Gにより実現する新たなオフィスソリューション(イメージ)

 
 両社は、三井不動産の持つ「場と機会を活用するノウハウ」と、NECネッツエスアイの持つ「ネットワーク・無線基盤技術と働き方改革ノウハウ」を融合し、ローカル5Gを活用しながら以下のテーマで実証実験を行うことで、ワーカーの知的生産性の向上、多様なワークスタイルのニーズに対応した高セキュリティなオフィス環境やサービスモデルの創出を目指します。また、ロボティクス等を活用したオフィス内の非接触化の取り組みにより、新型コロナウィルス感染拡大に対するオフィス利用者の不安を軽減するなど、5Gをビル管理に取り入れながら大規模地震等、災害時の活用も視野に入れています。

実証実験テーマ

① XR(※1)や映像・音声認識技術等を高度に活用したリアル、バーチャル両方の
 ワークプレイスの設置

バーチャルワークプレイス(イメージ)

バーチャルワークプレイス(イメージ)

VR活用によるリアル・バーチャル間コミュニケーション(イメージ)

VR活用によるリアル・バーチャル間コミュニケーション(イメージ)

※1 VR、ARなど、現実世界と仮想世界を融合するさまざまな技術の総称
 

② 高速・高セキュリティな無線ネットワークと5Gスマートフォンを活用した
 PCレスのオフィス環境の整備

PCレスなオフィス環境(イメージ) PCレスなオフィス環境(イメージ)

③ ロボットや次世代サイネージを活用したテナント向サービスの提供やオフィスビル管理

自律走行型案内ロボット「YUNJI SAIL」

自律走行型案内ロボット「YUNJI SAIL」

次世代サイネージシステム(イメージ)

次世代サイネージシステム(イメージ)

 
 三井不動産およびNECネッツエスアイは、日本橋室町三井タワーの5、6階(オフィスロビー)、11階(三井不動産 オフィス内) 、22階(NECネッツエスアイ イノベーションベース内)において2020年12月から2021年5月まで実証実験を行う予定です。NECネッツエスアイは、総務省に本年内に商用のローカル5G無線局免許の制度化が行われる予定の4.7GHz帯域を活用した実験試験局免許の申請を行い、同帯域の商用のローカル5G無線局免許の制度化後は、三井不動産が速やかに商用免許申請を行い、実用化に向けた取り組みを加速していきます。
 両社はこれからも本取り組みを通して、オフィスビル分野での企業や社会が抱える課題解決および持続可能な社会の実現に貢献していきます。

以上

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

三井不動産グループのSDGsへの貢献

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/?id=global [new window]

 三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわちESG経営を推進しています。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。

NECネッツエスアイのSDGsへの貢献

 SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を
年限とした17の国際目標です。
 NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

※なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における4つの目標に貢献しています。

参考

『三井のオフィス』の取り組みについて 

 三井不動産では近年、社会的に働き方の多様化が求められているなか、誰もが自分のカラーを活かして働けるよう、「COLORFUL WORK PROJECT」をスローガンに様々な取り組みを行っています。これら取り組みを通じて『三井のオフィス』をご利用の皆様が単に「働く」というだけでなく、様々なOn Time/Off Time を過ごし、集う、そんな”新しい生活”の場を提供してまいります。

三井不動産のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組み

 三井不動産の長期経営方針「VISION 2025」で掲げた「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」を実現すべく、「事業変革」「働き方改革」「システム先進化」の3つの軸でグループ全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しています。2019年にはDXの推進に積極的に取り組む企業として、経済産業省及び東京証券取引所より「攻めのIT経営銘柄2019」に選定されました。2020年4月にはDXの取組強化のため「ITイノベーション部」を本部化し「DX本部」を創設、グループ全体のDXを推進していきます。
 

NECネッツエスアイの取り組み

 NECネッツエスアイは今後、ローカル5Gを活用し、社会、産業、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促す活動を推進します。地域経済、課題解決サービスを支える5G時代の地域ネットワークの構築をサポートしていきます。

 ■働き方改革に向けたNECネッツエスアイの取り組み
 
 ■ニューノーマル宣言
 
 ■NESIC ローカル5G

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る