ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 世界初、Zoom社と「Zoom Phone BYOCモデル」 リセラー契約を締結
ここから本文です。

世界初、Zoom社と「Zoom Phone BYOCモデル」
リセラー契約を締結
~企業向け音声クラウドサービス「Zoom Phone」と
 コミュニケーション統合環境を提供開始~

2021年3月11日
NECネッツエスアイ株式会社

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)はこのたび、Zoom Video Communications, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、Founder and CEO:Eric S. Yuan、以下 Zoom社)と音声クラウドサービス「Zoom Phone」の企業向けサービス(BYOCモデル、)提供に関して世界初のリセラー契約を締結し、本日より同サービスおよび、「Zoom Phone」と既存PBX環境を融合したコミュニケーション統合環境の提供を開始します。

 新型コロナウィルスの感染拡大による影響が長期化する中、テレワーク環境下での円滑なコミュニケーションを担保するため、企業ではビデオ、チャット、SNSなど各種ツールの導入が進んでいます。その結果、働き方の多様化が進み、様々な場所・デバイスから様々なコミュニケーションツールをシームレスに活用したいというニーズが高まっています。

 このたび当社が提供を開始する「Zoom Phone」は、使いやすさとサービス品質で評価の高いZoom社が提供する音声クラウドサービスです。Zoomと「Zoom Phone」の統合により、テレワーク環境下での気軽な音声コミュニケーションから、Zoomでの資料共有や議論などビデオを活用したコラボレーションワークへの移行がシームレスに行えるようになります。さらに、当社がDX事業ブランド「Symphonict」のもとで提供するマルチクラウド統合サービスによって各種クラウドサービスや既存システムとの連携も可能となり、業務プロセスとコミュニケーションの融合による企業のDX化を加速します。

 当社がこのたび提供を開始する「Zoom Phone」の特長は以下の通りです。

(1)コミュニケーションをシームレスに統合

テキストチャット、電話、ビデオ会議(Zoom Meetings、Zoom Rooms)などのコミュニケーション手段を、やり取りを止めることなくボタン1つでシームレスに切り替え可能。

(2)場所やデバイスを選ばず利用可能

Zoomアプリから通常の電話機と同じように固定電話と発着信でき、外出中はスマートフォンから、出社時や在宅勤務時はPCから、場所やデバイスを選ばず通話できます。

(3)高い音声品質と信頼性

ビデオ会議で培った音声・映像の安定化のノウハウを活かし、高品質な音声通話を提供します。また、データセンターはグローバルに分散されており、災害など万が一の事態においてもサービスを止めないよう万全の仕組みを整えています。

 
 なお、当社は「Zoom Phone」と既存PBX環境を融合したコミュニケーション統合環境についても同時に提供を開始します。コロナ禍による急激な在宅勤務の普及によってPBX環境の必要性は変化していますが、重要な音声基盤です。そのため、今後は両者を融合し、シームレスに活用できるコミュニケーション統合環境へのニーズが高まることが予想されます。

 当社はこれまでに多くの企業音声システムを構築してきたことに加え、累計1万社以上のお客様にZoomライセンスやZoom活用環境を提供してきました。この経験を活かし、当社が提供するマルチクラウド統合サービスと連携したコミュニケーション統合環境を構築することで、お客様に品質、コスト、運用性など様々な面から最適な提案を行っていきます。

当社が提供するコミュニケーション統合環境のイメージ

 NECネッツエスアイは、ニューノーマルにおけるオンラインを活用した新しいコミュニケーションと、その可能性を提案することでお客様の課題解決に貢献し、オンラインによるコミュニケーションサービス関連で2021年度末までに累計100億円の売上を目指します。
 

ZVC Japan株式会社(Zoom) カントリーゼネラルマネージャー 佐賀 文宣 氏のコメント

 「日本のコミュニケーション環境を牽引するNECネッツエスアイと共にZoom Phone BYOCモデルを日本市場にリリースできることを大変うれしく思います。Zoom Phone BYOCとPBXが連携することで、Zoomが提供する統合プラットフォームの効果を最大化することが可能となり、皆さんのコミュニケーション環境を改善し、新たな価値をご提供できるものと確信しています。」

以上

(注)BYOCモデル:
   Bring Your Own Carrierの略。お客様の既存音声環境を踏襲して、
   「Zoom Phone」の導入が行えるモデルです。

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

「Zoom Phone」の詳細情報についてはこちらをご覧ください。

NECネッツエスアイのマテリアリティ

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みを
マテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

関連URL

マテリアリティ

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

8 働きがいも経済成長も

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

17 パートナーシップで目標を達成しよう

関連URL

NECネッツエスアイ SDGsへの取組み

国際連合広報センター [new window]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

デジタルソリューション事業本部 デジタルソリューション販売推進本部
E-Mail: epsp1@ml.nesic.com

明日のコミュニケーションをデザインする

NECネッツエスアイは、 お客様の目線に立ったこれからのコミュニケーションをデザインすることで、 お客様の価値向上に取り組んでまいります。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る