ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. NECネッツエスアイ、日程調整の簡略化でコミュニケーション変革を推進する「eeasy(イージー)」の提供を開始
ここから本文です。

NECネッツエスアイ、日程調整の簡略化で
コミュニケーション変革を推進する「eeasy(イージー)」の提供を開始

2021年3月30日
NECネッツエスアイ株式会社

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)は、株式会社E4(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉本太一朗、以下、E4社)とリセラー契約を締結し、本日より日程調整サービス「eeasy(イージー)」の提供を開始します。

 コロナ禍をきっかけとして非対面/非接触のコミュニケーションが一般的となり、オンライン会議が急激に普及しました。オンライン会議は場所や時間にとらわれずに会議を実施できるため、ミーティング数が増加する傾向にありますが、それに伴って関係者の日程確認やオンライン会議のID発行、会議室確保など調整業務の負担が増加することが課題となっています。

 eeasyは、会議や打合せなどの調整をグループウェアとの連携で簡略化し、抽出された候補日程をクラウド上で共有するだけで日程調整を可能にするものです。従来、会議の設定までにメールや電話で何往復かのやり取りが必要であったところを、自動抽出された関係者の空き状況をURL化し連絡する、という1ステップにします。それにより調整に割いていた時間を有意義に活用できるだけでなく、会議設定から調整完了までの時間を短縮し、業務の効率化とビジネススピードの加速に貢献します。

eeasyでの日程調整イメージ

eeasyの機能

クラウド上で情報を共有し、簡単に日程を調整

Office365やGoogle Workspaceなどのグループウェアと連携することで、各個人が登録しているスケジュール情報から空き時間を自動で判定し、抽出。関係者の空き情報が記載されたURLを発行し、簡単に日程調整が行えます。常に最新の情報を反映しているので、複数社間での調整を同時に行ってもダブルブッキングや予定の取り合いをすることはありません。

オンライン会議のIDを自動発行し共有

日程調整時に「オンライン会議」を設定し予定が確定すると、自動的にZoomやTeamsなどのIDが発行され、参加者に対して共有できるため、IDの取得忘れや連絡漏れなどがありません。

受付ページで一括予約管理

「予約受付ページ」の機能を使う事で、採用面接や面談など、多人数との日程調整を一括で行うこともできます。予約が埋まると同時に各担当者のグループウェアのスケジュールに自動で反映されるので、登録漏れなどがありません。

提供価格

1ユーザー 935円(税込み)/月 
※別途オプションサービスあり

 
 NECネッツエスアイはDX事業ブランド「Symphonict()」のもと、eeasyをはじめとする各種サービスの提供を通じてお客さまのデジタルシフトを推し進め、お客さまの課題解決とサステナブルな発展に貢献します。なお、当社は本サービスを含むSymphonict関連で2023年度に500億円の売上を目指します。

以上

(注)Symphonict(シンフォニクト):
「Symphonict」は、自社実践とお客さまとの共創を通じて生み出したデジタルサービスによって働き方やまちづくりを変革し、企業や自治体・社会インフラをはじめとする様々なお客さまの「デジタルシフトによる価値創造・課題解決」を実現するNECネッツエスアイの事業ブランドです。
”symphony(調和)”と”ict(情報通信技術)”を組み合わせた造語である「Symphonict」には、データ、デジタル技術(AI・IoT・5G等)、クラウドの融合によって「新たな価値を創出し、サステナブルな社会の実現を目指す」という当社の思いが込められています。

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

NECネッツエスアイのマテリアリティ

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みを
マテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

関連URL

マテリアリティ

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

8 働きがいも経済成長も

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

17 パートナーシップで目標を達成しよう

関連URL

NECネッツエスアイ SDGsへの取組み

国際連合広報センター [new window]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

DXビジネス推進本部 第一サービス企画グループ
E-Mail : eeasy-sales@ml.nesic.com

明日のコミュニケーションをデザインする

NECネッツエスアイは、 お客様の目線に立ったこれからのコミュニケーションをデザインすることで、 お客様の価値向上に取り組んでまいります。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る