ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. NECネッツエスアイ、京都府城陽市のDX推進パートナーに選定
ここから本文です。

NECネッツエスアイ、京都府城陽市のDX推進パートナーに選定
~地域社会のデジタル化と市民サービス向上をDXで実現~

2021年11月11日
NECネッツエスアイ株式会社

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下NECネッツエスアイ)は、このたび京都府城陽市(市長:奥田敏晴、以下城陽市)のDX推進パートナーに選定され、本日、DXアドバイザー業務委託、DX推進支援業務委託の契約を締結しました。

 デジタル庁の設置や、利便性やコスト効率の改善を目指したガバメントクラウドの取り組みなど、全国的にデジタル化の流れが加速する中、自治体においてもこれらの動きへの対応は急務となっています。
 本契約では、NECネッツエスアイが城陽市のDX推進パートナーとなり、全ての業務フローを見直すとともに、防災・危機管理や観光・商工、市民サービス、公共インフラや健康福祉などの地域社会のデジタル化や、自治体の取り組み全般におけるDX活用に向けた施策の企画・立案を支援することで、城陽市が目指す「より暮らしやすい人口減少の時代にあっても選ばれるまち、新たな城陽『NEW城陽』」の実現に寄与します。

 NECネッツエスアイは、事業ブランド「Symphonict」()のもとで自治体をはじめ、まちづくりに関わるお客さまのデジタルシフトの実現により、社会課題の解決とサステナブルな社会の実現に貢献します。
城陽市との共創で自治体におけるデジタル化の効果や課題を分析し、他自治体への展開も視野に入れて新たな価値の創出に取り組み、お客様への提案を推進していきます。

以上

(注)Symphonict(シンフォニクト)           
「Symphonict」は、自社実践とお客さまとの共創を通じて生み出したデジタルサービスによって働き方やまちづくりを変革し、企業や自治体・社会インフラをはじめとする様々なお客さまの「デジタルシフトによる価値創造・課題解決」を実現するNECネッツエスアイの事業ブランドです。”symphony(調和)”と”ict(情報通信技術)”を組み合わせた造語である「Symphonict」には、データ、デジタル技術(AI・IoT・5G等)、クラウドの融合によって「新たな価値を創出し、サステナブルな社会の実現を目指す」という当社の思いが込められています。
 
※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

NECネッツエスアイのマテリアリティ

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みを
マテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

関連URL

マテリアリティ

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

9 産業と技術革新の基盤を作ろう

11 住み続けられるまちづくりを

17 パートナーシップで目標を達成しよう

関連URL

NECネッツエスアイ SDGsへの取組み

国際連合広報センター [new window]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NECネッツエスアイ株式会社
営業統括本部 関西支社 京滋支店
電話:(075)256-8950

明日のコミュニケーションをデザインする

NECネッツエスアイは、 お客様の目線に立ったこれからのコミュニケーションをデザインすることで、 お客様の価値向上に取り組んでまいります。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る