ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. イベント・セミナー情報
ここから本文です。

イベント・セミナー情報

「第3回 ロボデックス ロボット開発・活用展」出展

NECネッツエスアイは最新のロボットをはじめとする当社取扱いロボットをお客様にご紹介する場として「第3回 ロボデックス ロボット開発・活用展」に出展いたします。
「ロボデックス」は産業ロボット・サービスロボット・ドローンをはじめ、ロボット・ドローンの開発技術、IT、AI までロボット社会の実現を促進するあらゆる技術が出展される展示会です。
ご多忙中のところ誠に恐縮でございますが、是非、ご来場賜りますようお願い申し上げます。

開催概要

日時

 2019年1月16日(水)~1月18日(金)
 10:00~18:00(最終日のみ17時まで)

会場

 東京ビックサイト

主催

 リード エグジビション ジャパン 株式会社

入場料

 無料(招待状をお持ちでない場合、入場料5,000円/人)

展示

①自律走行型ロボットソリューション
・案内ロボット「Sail」(日本初出展)
・デリバリーロボット「Relay」活用ソリューション
②ドローン活用ソリューション
・ドローンxAI
③介護ICTソリューション
・ベッド見守りソリューション
・高齢者見守りサービス
④ミニプレゼンコーナー
・プレゼンロボット「PaPeRo i」

※SailはYunji Technology Company の製品です。
※RelayはSavioke,Inc の製品です
※PaPeRo iはNECプラットフォームズ株式会社の製品です。
※PaPeRoは日本電気株式会社の登録商標です。
※ベッド見守りソリュ—ションはトーテックアメニテイ株式会社開発の「見守りライフ」を活用しています。

製品・技術セミナー

医療・介護、ホテル・店舗、インフラ点検向けサービスロボットのラインナップおよび導入事例を紹介します。(受講料:無料)

■ テーマ:「CX向上に向けたサービスロボットの価値創出への取り組み」
■ 開催日時:1月16日(水) 11:00~12:00
■ 会場:西-A セミナー会場

製品・技術セミナー(主催社Web) [new window]

招待状申込み(無料)はこちら [new window]

Customer's Fair 2019

私たちをとりまくビジネス環境は今、大きな変革を求められています。
当社では、AI・IoT・RPAなどのDX技術による共有・共創を促進することで新たな力として最大化する「インテリジェンスDX」を活用した働き方改革を実践しています。
Customer's Fair 2019では、インテリジェンスDXを主軸に「DXで加速する新たな働き方改革」をはじめ、それらを支えるプラットフォームサービスや先進デジタルへの対応など当社の実践事例を交えながらご紹介いたします。
当社のご提案するビジネスイノベーションをぜひ会場でご体感ください。

開催概要

日時

 2019年2月14日(木) 10:00~17:00 ※9:30受付開始

会場

 ザ・プリンス パークタワー東京 地下2階(ボールルーム) アクセス

主催

 NECネッツエスアイ株式会社

参加費

 無料(事前登録制)

カンファレンス

10:00~10:30 <社長講演>

 2020年に向けたNECネッツエスアイの取り組み
   -NECネッツエスアイ株式会社 代表取締役執行役員社長 牛島 祐之

10:45~11:45 <スペシャルセッション1>

 激変するデジタル社会と日本企業の未来
   -慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授 夏野 剛 氏

13:30~14:30 <スペシャルセッション2>

 オープンイノベーションが生む新しい社会・ビジネス
   -拓殖大学客員教授 マーケティングコンサルタント 西川 りゅうじん 氏

15:00~16:00 <スペシャルセッション3>

 日本女子プロゴルフ界の変革
   -日本女子プロゴルフ協会 顧問 樋口 久子 氏

展示

※Innovation Stageの講演内容・スケジュール、展示詳細につきましては、
 専用サイトにて順次掲載いたします。
※出展内容は予告なく変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Innovation Stage(オープンステージ)

 働き方プロセス改革Stage
 デジタル技術最前線Stage

主な展示

 DXで加速する新たな働き方改革
 クラウドxデジタルシフトを支えるDXプラットフォーム
 DXを支える先進デジタル技術
 パートナー共創オープンイノベーション

ご案内状

詳細・事前登録はこちら [new window]

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る