2010年11月24日

第52次南極観測隊出発

reported by Natsuki Shirai
(NECネッツエスアイ)

場所:成田空港出発ロビー

11月24日、当社から国立極地研究所に出向している高平忍氏が52次越冬隊員として成田空港を出発しました。今回も、オーストラリアから南極観測船「しらせ」に乗船し、南極大陸を目指します。

1週間前に風邪をひいたと聞き心配していましたが、「体調は万全です。」といつも通りの元気な笑顔で、出発直前のインタビューに答えてくれました。

高平忍氏プロフィール

高知県高知市出身。1999年旧日本電気システム建設株式会社入社。
海外プラント向けの、IPネットワーク構築、保守に特化したアウトソース業務などを担当し、その後、ロケット打ち上げ設備の検査・保守に従事。
52次南極地域観測隊の参加が認められ、2010年7月より国立極地研究所に出向。
家族思いで、明るい性格と笑顔が印象的。焼肉が大好物。

52次隊 高平忍 インタビュー

南極へ行くことの強い責任感と残していく家族に対する高平氏の強い思いが伝わってくるインタビューでした。

その後、高平氏は家族、上司、お見送りの方達の暖かい声援を受けて、出発ゲートに向かって行きました。途中、何度も振り返り、手を大きく振ってくれた姿・その決意に満ちた表情がとても印象的でした。明るく元気に、そして体に気をつけて頑張ってきてください!

出発前に会社関係者と記念撮影