2011年2月

51次隊から52次隊への業務引継ぎ完了

E-mail:Takahira Shinobu

場所:昭和基地

52次隊の高平氏より、51次隊の金城氏から越冬隊の業務引継ぎ完了の報告が届きましたので紹介いたします。

52次隊 高平氏からのメール

2月1日、南極昭和基地にて、越冬交代式が行われ、51次隊から52次隊へ業務の引継ぎが無事終わりました。
私も、多目的アンテナ業務を金城隊員から引継ぎました。

12月~1月に、金城隊員から業務を直接教えてもらい、引継ぎを行ったおかげで、日本出発時に抱えていた不安の大部分が解消されました。
これから始まる1年間の業務を怪我や不具合がないように行い、来年53次隊に同じように引き継げるよう努めていきたいです。

南極の自然環境は、想像以上に厳しいものです。
立っていられないほどの強風の風圧で耳が押され、氷の粒が顔を打つなど手で押さえていないと歩けないということも経験しました。
ただ、これでも、南極では外出注意程度の初歩レベルということです。
厳冬期のA級ブリザード* などは、想像することができません。
段ボールに詰めてある装備品をだして、防御を強化しなければと思います。

これから南極業務で、皆様にご支援をお願いすることがあると思います。
今後ともご支援よろしくお願いいたします。

以上、高平氏メール

*A級ブリザード: 視程100未満、風速25m/S、継続時間6時間以上の吹雪のこと【気象庁】


51次隊金城氏(左)と52次隊高平氏

業務を引き継いだ高平氏(中央)

無事、引継ぎが終わってよかったですね。51次隊として活動してきた、金城さん1年半本当にお疲れ様でした。
高平さん、南極での自然環境は想像出来ないくらい厳しそうですが、今後の元気な報告をお待ちしています。(「越冬隊の今」東京編集チーム)