2011年4月

第52次隊 4月度作業レポート

report:Takahira Shinobu

場所:昭和基地

52次越冬隊員として、多目的アンテナの保守、観測支援活動を行っている高平氏より、4月、5月のレポートが送られてきましたので、今月は4月のレポートを紹介します。

以下、高平氏レポート

私が担当している大型アンテナを紹介します。このアンテナは、直径11mのパラボラアンテナで、毎日南極上空を通過する衛星からデータを受信しています。受信したデータは、国立極地研究所の様々な研究に使われています。日々の運用・正常確認、月間点検、年次保守が、私の業務です。月間点検では、グリスやオイルの状態を確認したり、室温管理、データのバックアップなどを行います。ブリザード後に雪が吹き込んでいないかの確認も忘れてはいけません。

このアンテナは、30次隊での建設なので20年以上動いていることになります。過去の隊員が、アンテナを整備し、綿々と引き継いできたように、52次隊でも整備をしています。

  • アンテナの前で
    アンテナの前で
  • アンテナ整備中
    アンテナ整備中

20年以上もの間、アンテナが正常に動きデータが日々受信できていているのは、歴代の越冬隊員や現在、保守を行っている高平さんのおかげなのですね。

来月は5月のレポートを紹介します。お楽しみに!

(「越冬隊の今」東京編集チーム)