ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. CSR(企業の社会的責任)
  3. 人材育成/働きやすい職場づくり
  4. 安心・安全、健康な職場環境づくり
ここから本文です。

安心・安全、健康な職場環境づくり

NECネッツエスアイは、安心・安全、健康、快適な職場環境を従業員に提供することは企業の重要な責任のひとつであると考え、 環境の維持、向上に努めています。また、年間を通じて安全、健康に関する各種教育を定期的に実施しています。

健康経営の推進

「健康経営優良法人2019」に認定

健康経営優良法人ロゴマーク 健康経営優良法人ロゴマーク

当社は、日本健康会議から「健康経営優良法人(大規模法人部門)~ホワイト500~」に2017年から毎年継続して認定されています。※大規模法人部門(ホワイト500:821法人が認定)

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康増進

当社では、未然予防を主眼とした健康増進の取り組みとともに、時間外勤務の削減をはじめとする総労働時間短縮の取り組みを進めています。
以下の項目を中心とした未然予防策を講じています。

  • 各個人への健康増進の意識づけ
  • 健康診断結果に基づく健康指導、産業医面談、就業制限措置実施
  • 海外渡航検診実施
  • ガン検診の受診促進
  • インフルエンザ等の各種予防接種実施
  • 社内歯科検診

メンタルヘルスケアへの取り組み

当社では、これまでの「治療」中心から「予防」中心に軸足を移したメンタルヘルスケアへの取り組みを行い、従業員の心の健康維持による健全な職場づくりを進めています。 相談窓口となるのは産業医、保健師、看護師で、主にメンタル不調の初期サポートとして相談に応じています。
また、メンタル不調者の職場復帰においては、産業医、保健師、看護師、職場上司、人事部門で「職場復帰支援チーム」を立ち上げ、主治医との連携のもと、長期休職者の職場復帰の支援を行っています。

過重労働による健康障害防止対策

NECグループでは、長時間勤務を行った従業員に対しては、厚生労働省の「過重労働による健康障害防止のための総合対策」を踏まえて、対象者にWebによる自身の健康状態チェックや産業医面談を実施しています。 また、勤務(長時間)データと健康診断(定期健康診断・メタボ健診)データに基づいてフォロー対象者を抽出し、健康指導、産業医面談、就業制限措置等を実施しています。

従業員満足度向上への取り組み

当社では、毎年モチベーション等をターゲットに「従業員意識調査」を実施して、従業員は「会社、仕事、成長実感、処遇・報酬、対人関係、生活の質」の項目の中で何を大事に思っているかを確認しています。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る