ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. お客さまの「働き方」のデジタルシフトを実現するサービス標準モデルの提供を開始
ここから本文です。

お客さまの「働き方」のデジタルシフトを実現する
サービス標準モデルの提供を開始
~デジタルシフトの加速により社会課題・経営課題の解決に貢献~

2021年3月18日
NECネッツエスアイ株式会社

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)は、事業ブランド「Symphonict」()のもと、お客さまの働き方を変革するサービス群を標準モデルとして体系化し、本日より提供を開始します。

 新型コロナウィルスの感染拡大により、世の中を取り巻く環境は一変しました。社会はコロナ禍における新たな価値観のもとで持続的成長を遂げることが求められ、企業では以前にも増して事業継続を意識しながら成長を実現するための戦略転換が求められています。こうした背景下で、社会や企業ではサステナビリティやレジリエンスの向上に対する意識が高まっています。

 当社は2017年の全社員へのテレワーク導入をはじめとして、2019年にはサテライトオフィスを前提とした分散型ワークを導入、2020年にはリモートを前提とした業務プロセス改革に取り組むなど、ニューノーマル時代の働き方をいち早く実践してきました。
 このたび提供を開始する働き方関連のサービス標準モデルは、当社がこれまでの自社実践で培ったノウハウを活かし、現在の社会環境下でお客さまが抱える課題の中でも特に重要度の高い「プロセス変革」「コミュニケーション変革」「ワークプレイス変革」について体系化したもので、主な特長は以下の通りです。

(1)プロセス変革モデル

テレワークによって従来の業務プロセスの見直しが不可欠となる中、デジタル技術による自動化・省力化を進め、テレワークを前提とした業務プロセスの再構築と生産性の向上を実現するモデル。無駄なプロセスを省いて業務スピードを向上し、よりイノベーティブな業務へのシフトを支援します。

(2)コミュニケーション変革モデル

Zoom会議に関わる諸調整の負担軽減や、オフィスに人が不在の際の電話取次の自動化など、企業や自治体が抱えるコミュニケーション課題を解決するモデル。デファクトとなったZoomをより高度に活用し、ミーティングの質の向上や情報共有スピードの向上など、テレワークの最適化を支援します。

(3)ワークプレイス変革モデル

業務の非対面・非接触化を進めることで業務効率を改善するとともに感染リスクを軽減し、Withコロナに対応したオフィス環境を実現するモデル。イノベーションの誘発や創造性の向上といったこともテーマに、リアルとバーチャルを融合したハイブリッドなオフィス環境の実現にも取り組みます。

 
 なお、当社は今後、各モデルで利用可能なマルチクラウドサービスを順次拡充していくとともに、まちづくり関連のサービスメニューの標準モデル構築も進めていきます。加えて、本格化が見込まれる5Gおよびローカル5Gとの連携による提供価値の拡大にも取り組んでいきます。

 NECネッツエスアイは、お客さまのデジタルシフトの実現によって働き方やまちづくりに関するお客さまの課題解決に貢献し、Symphonict関連で2023年度に500億円の売上を目指します。

以上

(注)Symphonict(シンフォニクト):
「Symphonict」は、自社実践とお客さまとの共創を通じて生み出したデジタルサービスによって働き方やまちづくりを変革し、企業や自治体・社会インフラをはじめとする様々なお客さまの「デジタルシフトによる価値創造・課題解決」を実現するNECネッツエスアイの事業ブランドです。
”symphony(調和)”と”ict(情報通信技術)”を組み合わせた造語である「Symphonict」には、データ、デジタル技術(AI・IoT・5G等)、クラウドの融合によって「新たな価値を創出し、サステナブルな社会の実現を目指す」という当社の思いが込められています。

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

NECネッツエスアイのマテリアリティ

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みを
マテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

関連URL

マテリアリティ

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

8 働きがいも経済成長も

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

11 住み続けられるまちづくりを

17 パートナーシップで目標を達成しよう

関連URL

NECネッツエスアイ SDGsへの取組み

国際連合広報センター [new window]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

ビジネスデザイン統括本部 DXビジネス推進本部
第一サービス企画グループ
E-Mail: dx-business_1sg@ml.nesic.com

明日のコミュニケーションをデザインする

NECネッツエスアイは、 お客様の目線に立ったこれからのコミュニケーションをデザインすることで、 お客様の価値向上に取り組んでまいります。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る