Breadcrumb navigation

SIPトランキングサービス

IP直収接続へ移行し、海外拠点間の長距離外線通話接続にかかる運用コストの削減を実現します。

概要

SBC(セッション・ボーダー・コントローラ)を使用し、PSTN回線で提供されているトランキングサービス(主に外線通話サービス)をキャリアIP網に直収します。これにより高価なBRI/PRI回線を維持する必要がなくなり、IPネットワーク経由の安価なIP電話サービスを利用することで運用コストの削減が見込まれます。

NECネッツエスアイでは、Ribbon Communications(旧Sonus)社と一次代理店契約を締結しています。当社は、豊富なSBCの導入・国内キャリアIP網への接続実績を元に、スムーズなSIPトランキングサービスへの移行をサポートします。

特長

マルチメディア・コンタクトセンター アバイアとの連携

国内コンタクトセンター市場において10年以上トップシェアを持つマルチメディア・コンタクトセンター アバイアのコールセンターシステムをSBC経由で国内キャリアIP網への接続する検証試験を実施済です。海外では既に実績のあるアバイアのコールセンターシステムのSIPトランキングサービスへの移行を国内でも実現します。

ユニファイドコミュニケーションの統合

Microsoft Lyncで提供される会議等のサービスをSBC経由で国内キャリアIP網に相互接続し、ユニファイドコミュニケーションの基盤を構築します。またNECネッツエスアイが提供するSBCは、冗長構成による可用性の向上が可能です。

導入イメージ

SBCの必要性

SIPトランキングサービスへの移行には、国内キャリアIP網へ接続・回線制御・SIP信号の差分吸収・セキュリティ機能を実現するSBCの導入が必須となります。グローバル市場ではSBCを導入し、IP直収のSIPトランキングサービスの展開が進んでおり、国内でも導入の加速が見込まれています。

SBC導入効果イメージ図

SBC導入のメリット

コストの削減

PSTN回線から国内キャリアIP網に移行する

  • BRI/PRI回線から安価なIP電話回線に移行することで運用コストを削減
  • 割安なIP電話サービスで長距離・国際電話の通話コストを削減

セキュリティ対策

SIPの脆弱性を狙った様々な攻撃パターンを防ぐ

  • 内部トポロジの隠蔽でサーバへの不正アクセス・不正侵入を防御
  • ウィルス、ボット等からの一斉攻撃によるサーバの負荷高騰を抑制
  • 端末故障や停電からの一斉復旧によるREGISTERの大量送信を軽減

他ベンダ間の相互接続(SIP差分吸収)

SIPヘッダに任意の値を追加・変更・削除し、相互接続を可能にする

  • IP-PBX側のSIPプロトコルスタック開発・改修コストを削減
  • 異種呼制御プロトコル(H.323⇔SIP 等)間の接続が可能
  • 異種コーデック(G.711とG.729 等)間の接続が可能

機器設置スペースの削減

不要なラックスペースの撤廃と管理製品を削減する

  • 最大26PRI分の回線(598ch)を1台のSBCに集約することが可能

製品ラインナップ

Sonus社

小規模エンタープライズ向け

SBC 1000
(up to 192 sessions)

小規模エンタープライズ向けSBC 1000製品画像

  • 4PRI回線/8BRI回線を収容可能
  • SIP192セッションまで対応
  • オフィス利用数が5~500人数程度の規模を想定

中規模エンタープライズ向け

SBC 2000
(up to 600 sessions)

中規模エンタープライズ向けSBC 2000製品画像

  • 16PRI回線を収容可能
  • SIP600セッションまで対応
  • オフィス利用数が50~5000人数程度の規模を想定

大規模エンタープライズ向け

SBC 5100
(up to 10000 sessions)

大規模エンタープライズ向けSBC 5100製品画像

  • HA構成の実現が可能
  • SIP10000セッションを超える要件には更に高機能なSBC5200をご提案

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

ネットワークインフラ事業本部
第二キャリアシステム事業部 コミュニケーションSI部
TEL:03-6699-7617/FAX:03-6699-7571