Breadcrumb navigation

本人認証システム SECUREMATRIX

概要

「SECUREMATRIX」は、ユーザが頭に描いたイメージをパターン通りに、毎回ランダムに表示される数字をマトリクス表から抜き出しワンタイムパスワードとして認識させる、まったく新しい認証システムです。
お客様のニーズに合わせて、自社導入型の他に、月額料金によるサービス型(イメージ認証サービス)もご用意しています。

特長

1.ワンタイムパスワードとして認識させる、まったく新しい認証システム

パスワードイメージ「V」

たとえば、「V」というイメージのパターンを、あらかじめ登録しておきます。
憶えやすく、本人にしか分かりえないイメージパスワード(=マトリクス認証)。
マトリクス認証は、毎回マトリクス表に表示する数字が変わるので、同じパスワードを入力することはありません(=ワンタイムパスワード方式)。

2.他システムとの連携によるセキュリティ向上

様々なリモートアクセスシステム[SSL-VPN、IPsec-VPN(クライアント認証)]、グループウェアとの連携が可能。

パスワード入力イメージ

機能

1.Radius連携機能

VPNやファイアウォール機器と連携し、パスワード認証をさらに強化できます。Webブラウザでマトリクス表のみを取得し、抜き出したパスワードをVPNクライアントソフトへ入力するワンタイムパスワード化を実現。
「SECUREMATRIX 認証サーバ」は独自のRADIUSサーバを実装していますので、既存システムの変更は不要です。

2.リバースプロキシ機能

ユーザは1回の認証で、基本(ベーシック)認証/フォーム認証を利用し、社内に置かれたサーバ内のWebアプリケーションが利用可能。また、1つのディレクトリ内に複数の ログインページがある場合にも対応しています。
マトリクス認証の初回ログイン時に、各アプリケーションへのログインを行えば、2回目以降のログイン時にはシングルサインオン機能により、各アプリケーションのパスワード入力を省略できます。

3.Windows認証連携機能

Windowsログオン時の認証にSECUREMATRIXを利用することで、PCまたはVDI環境を利用する際のセキュリティ強化を実現。
Windowsアカウントとの連携を行うため、ログオン後はWindowsアカウントでログオンした際と同様に利用することが可能です。

価格

価格は別途ご相談ください。

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

DXソリューション事業本部
エンタープライズソリューション事業部 第五ソリューション部