2018年11月25日
第60次南極観測隊出発

reported by Shinichi Kaede
(NECネッツエスアイ)

場所:成田空港出発ロビー

第60次南極観測隊の内海氏(成田空港出発ロビーにて、写真中央)
ご家族と同期入社メンバーとともに

当社から国立極地研究所に出向している第60次南極観測隊内海 雄介氏が、2018年11月25日、 南極観測船「しらせ」が待つオーストラリアへ向けて出発しました。

なお、「しらせ」の位置はこちらから確認できます。
国立極地研究所 南極観測のホームページ|進め!しらせ
    http://www.nipr.ac.jp/jare/shirase/index.html

内海 雄介氏プロフィール

宮城県出身。
NECネッツエスアイ入社後、ビルオートメーションシステムの保守や改修、 データセンターの設備工事、テレビ局のICT工事などを担当。入社前にNECネッツエスアイに ついて調べる中で、南極や宇宙、海洋(海底ケーブル)に関わっていることを知り、 いつか関わることができたらと考えていた。 2016年10月からは宇宙関係の部門に異動し、人工衛星と通信するパラボラアンテナの保守、 衛星運用などの業務を通じたトレーニングを行い、その後国立極地研究所へ出向。 映画鑑賞とスノーボードが趣味。

60次隊 内海 雄介
 インタビュー

 

【インタビューを終えて】

内海さん、身体に気を付けて、頑張ってきてください!
現地からのレポートも、お待ちしています!(「越冬隊の今」東京編集チーム)