2016年12月

第57次隊 田村氏からの現地レポート

Report:Yoshitaka Tamura

場所:昭和基地

第57次隊の田村 芳隆氏が、昭和基地から現地の様子をレポートしてくれました。

田村氏レポート

みなさん、こんにちは。第57次日本南極地域観測隊に参加している田村芳隆です。年が明け2017年になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
第57次隊で南極に来て2度目の正月を迎えたわけですが、元日は休日となり調理隊員が用意してくれたおせち料理をいただきながらゆっくりと過ごせました。
それでは、前回の続き12月以降の活動等をレポートしますが、このレポートが私の最後のレポートとなり今後は第58次隊の柴田隊員にバトンを渡したいと思います。

♦ 第58次隊到着

11月末に日本を出発した第58次隊を乗せた南極観測船しらせが昭和基地近くに到着し、 ヘリコプターで12月23日、24日の2日にわけて第58次隊の隊員が昭和基地に入りました。 23日には第一便で家族からの荷物や生鮮野菜等が届き、喜ぶ隊員の姿が多く見受けられました。 私の後任者である柴田隊員は24日に昭和基地入りし、お互い笑顔で約1年ぶりの再会を果たしました。 その後、南極観測船しらせは28日に昭和基地沖に接岸し氷上輸送や空輸で全ての物資が基地に運び込まれました。 柴田隊員とはお互いの時間を調整しながら順次引き継ぎを実施しています。


12月23日の第一便で届けられた初荷

12月24日に昭和基地入りした柴田隊員とヘリポートにて

♦ ペンギンセンサス

昭和基地周辺の沿岸地域にあるルンパというアデリーペンギンのルッカリー(営巣地)で、 抱卵個体数の調査に参加しました。海氷上ではウェッデルアザラシを見られることもあります。



アデリーペンギンのルッカリー(ルンパ)


卵を抱くアデリーペンギン


海氷上のウェッデルアザラシ