2017年8月

第58次隊 柴田氏からの現地レポート

Report:Katsuhide Shibata

場所:昭和基地

第58次隊の柴田 勝秀氏が、昭和基地から現地の様子をレポートしてくれました。

柴田氏レポート

♦ ルート工作

昭和基地は南極大陸から4km離れた東オングル島という島にあるので、 南極大陸に調査に行くためには、凍った海の上を移動する必要があります。 海氷の上には道路がないので、氷の厚さを測り雪上車が安全に往来できる道を確保します。 この作業をルート工作と呼びます。


赤い旗を次々立てて道を伸ばす

青い旗はクラック(氷の割れ目)など危険な場所の目印

♦ オーロラ

オーロラがきれいに見られる夜は意外と少なく、晴れていること、 月明かりが無いこと、オーロラ自体が強いことなど色々な条件がそろわないと きれいなオーロラは出てくれません。


管理棟とオーロラ

オーロラの形は刻々と変化します

♦ 野外観測支援

58次隊の越冬期間の後半には、一部の隊員がドームふじ基地(注)まで遠征します。 南極大陸上にあるS16という中継ポイントで燃料を積んだソリや雪上車の整備を行い、 旅の準備作業を支援しました。

注:ドームふじ基地
       沿岸部の昭和基地から約1000km内陸側にある日本の観測基地。


雪に埋まってしまったソリ

雪を掘って引っ張り出します

大陸用大型雪上車のメンテナンスも実施